有限会社 彩聖

 

〒721-0955
広島県福山市新涯町6丁目15-22
084-954-3822
営業時間:AM10:00~PM5:00

 

【対応可能地域】

広島県(広島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、廿日市市、大竹市、呉市、江田島市、安芸高田市、安芸大田町、北広島町、東広島市、竹原市、大崎上島町、尾道市、三原市、世羅町、福山市、府中市、神石高原町、三次市、庄原市)

岡山県(岡山市、倉敷市、津山市、

玉野市、笠岡市、井原市、総社市、

高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市、和気町、早島町、里庄町、矢掛町、新庄村、鏡野町、勝央町、奈義町、西粟倉村、久米南町、美咲町、吉備中央町)

 

 

  >  
社長のひとりごと

社長のひとりごと

2018/07/03 福山城築城400年事業を終えて

福山城築城400年記念プレ事業が6がつ9・10日、福山城南側の市道で

 

開催された。9日は福山城の内堀跡巡り。10日は「石引き」「石割り」

 

が実施され、㈱石の彩聖の協力で、城壁を建設した当時の苦労を一般の

 

人が体験した。

 

 石引き体験は歩行者天国になった福山城南側の市道で行われた。

 

数十㌢間隔に並べた丸太の上に笠岡市北木島産の2.4㌧の石を運び入れ、

 

綱引き用のロープを使って引っ張る催し。訪れた老若男女が挑戦した。

 

 厚みのある石に、くさびを打ち込んで割る石割り体験は大勢の観衆が

 

見守る中、希望者が金属のハンマーを使って挑戦した。

 

 石引き体験に参加したぎんがの郷小学校3年の小島優寿君は

 

「面白かった」と笑顔。母親の敬子さんは

 

「こんなイベントがあれば今後も参加したい」と話していた。

 

  ビジネス情報 7月1日号 より引用

 

  詳しくはこちら asset/00032/pure/400��pure.pdf

2018/06/27 6月13日放送 「お墓のセミナー」について
2018/05/16 5月9日放送「デザイン墓」について
2018/04/18 4月11日放送「お墓と仏壇のデザイン」について
2018/02/14 2月7日放送 「生活環境に合う先祖供養」について
2018/01/15 平成30年1月10日放送「多様化するお墓」について
2017/11/20 11月8日放送 「お仏壇ショウルーム 悠」 について
2017/10/16 10月11日放送「参ってこそお墓」についてお話しています
2017/10/06 11月1日 「お仏壇 ギャラリー 悠」 オープン

以前からお話をしておりましたお仏壇のショウルームが

 

11月1日にオープンします。

 

今、オープンに向けて準備をしております。

 

 

詳しくは こちら → asset/00032/haruka/haruka.pdf

2017/09/19 9月13日放送「お墓のクリーニングについて」
2017/08/10 8月9日放送「お墓のメンテナンス」について
2017/08/01 フリーマガジン びんまるに載りました

ママ・先生とつくる子育てフリーマガジン

 

びんまる より

 

asset/00032/obonn/binnmaru.pdf

 

 

2017/07/17 7月12日放送 「エンディングノート」についてお話しています。
2017/06/19 6月14日放送 「お墓参りの意味」についてお話しています
2017/05/22 5月10日 「お墓じまいの不安を無くすために」 お話しています
2017/04/24 4月19日放送「お墓じまい」についてお話しています。

2017/03/31 第29回 全国墓塔研修会に参加してきました

第29回 全国墓塔研修会 in 長野県 善光寺

 

 2月20日~22日今年は長野県で開催された勉強会。もちろん車で行きました。

 

今年は例年より雪が少ないとの事でしたが、年に一度降るかどうかの福山に住んでいると、

 

一面の銀世界に40代後半の私でもうっとりするものがありました。

 

2日目の明け方には、一面の雪でした。やっぱり、長野は雪国ですね、寒さが

 

身にしみます。

 

全国の石材店から30数名参加し、ご先祖供養やこれからのお墓のあり方など、

 

多くを学んできました。

 

福原堂礎先生のお話を聞きながらお墓について勉強していきます。

 

最終日には、試験もあります。 私は残念ながら”第2位”でした・・・悔しい・・・

 

毎年恒例となっている墓塔研修会。

 

お客様から『藤井さん今年も勉強会に行くんじゃろ、いつまでなら福山におるん』

 

と、気に掛けてくださる方もいらっしゃり、日程調整をさせていただきながら

 

勉強会に参加しているのだから、しっかり吸収して帰ろう!!と強い決意で

 

行ってきました。娘たちは『パパ、じじシャツとじじパンツを忘れんようにね。

 

忘れても届けんよ!!』と心温まる言葉を掛けてもらいました。

 

年々、お墓事情が大きく変化しつつある時代です。日本文化を守りながら柔軟な

 

発想で、常に最新のお墓事情をお届けするため、また一年たくさんの事を学んで

 

いきたいと思っています。

2017/03/16 3月8日放送 「お墓のお供え」

2017/02/13 2月8日放送 「納骨堂と永代供養の違い」

2017/02/01 寒中見舞い申し上げます

 

『寒中見舞い申し上げます』

 

 昨年の1月中旬、以前お墓セミナーに参加された方からお電話を

 

頂きました。

 

 『実は、年末に祖父が他界いたしまして、まさか石の彩聖さんから

 

年賀状が来るとは思ってなくて、お知らせしてませんでした?』

 

 それまで、年始のご挨拶・・・ただその気持ちだけで年賀状をお届け

 

していましたが、私たちは分からない家庭のご事情があるという事に

 

気付いたのです。

 

 電話を頂いた時は、とにかく申し訳ないという気持ちと年賀という形に

 

こだわりすぎた自分勝手な行動に恥ずかしさを覚えました。

 

 今後、年始のご挨拶は、寒中見舞いでさせて頂きます。

 

 

 

 

 

2017/01/16 H29年 1月11日放送「いつか迎える最期をどうするか」

2016/12/19 12月14日放送「お墓のクリーニング」について

2016/11/25 11月9日放送 「埋葬届けについて」

2016/10/22 10月12日 「お墓の片付け方」についてお話しています
2016/09/22 9月14日放送「行年と享年」についてお話しています
2016/08/17 8月10日放送「熊本地震ボランティアに参加して」更新しています

2016/07/20 7月13日放送「お墓の改葬」についてお話しています
2016/06/21 6月15日放送 「納骨室のお骨の位置」についてお話しています

2016/05/16 5月11日放送 「新しい先祖供養の形」を公開しています
2016/04/18 4月13日放送 「不用なお墓はない」 について
2016/03/14 3月9日放送「先祖を敬う気持ちとお墓作り」についてお話しています
2016/02/15 2月10日放送 「納得のいくお墓づくり」 更新しました
2016/01/26 2016年1月13日放送「終活について」 更新しました
2015/12/26 月刊 石材に載りました

”不用のお墓”など一つもない お寺に安置し年二回の供養まで

 

「いままで、手を合わせてきた大切なお墓を産業廃棄物として処分するなんてとんでもないこと。たとえお正命

 

抜きをしたとしても”不用のお墓なんてひとつもないんです。」

 

 広島県福山市で石材業を営む(有)彩聖の藤井和幸社長はそう話す。夫婦揃って仏門に入り、僧侶の資格を取得

 

したのは、墓石工事をする中で「石屋は、ただ墓石を建てるだけでよいのか」という重大な疑問に直面したことが

 

きっかけだった。改装や墓じまい等で解体・撤去した墓石(仏石・台石・残土など)に永代供養の場を用意する

 

ことは、そうした疑問に対する一つの答えでもあった。

 

ただ、引き取り手のない墓石をどこに集めて供養したらよいのか、それが一番大きな問題だった。

 

かれこれ十五年前に遡るが、菩提寺である地元の不動院(天台寺門宗、三島覚道住職)に相談したところ、

 

三島住職が全面的に協力してくれることになった。藤井社長に出家を勧めてくれたのも三島住職だった。

 

「もの静かな外見からは想像できないような行動力がある」とのことで、同市北部に山林を取得すると、

 

その一部を造成して墓石安置所を作ってくれた。

 

 三島住職によると「目先の損得を考えず、人の役に立つことをしなさい」と、ご本尊の不動明王からお告げ

 

があったという。そのため、引取り費用は可能な限り安く設定し、すべての石材業者に門戸を開放。

 

約七万平方メートルという広大な敷地を確保したのも、そのためだった。

 

三島住職が当時、地元で産業廃棄物を扱う業界団体の副会長を務めていたことも大きな後ろ盾となった。

 

「墓石等の引き取りは、供養を目的としたもの。それは宗教行為の一環であり、廃棄物とはならない」と、

 

その根拠を示して福山市の担当者に訴えた。その粘り強い説得が実った結果、全国的にも珍しい

 

「行政が正式に公認した墓石安置所」の誕生となった。現場には警察官も立ち入り、違法性がないか調べたが、

 

やはり「問題ない」と判断された。

 

藤井社長にその現場を案内してもらうと、そこには雛壇状に積まれた大小様々な仏石が整然と並んでいた。

 

大島・万成・北木・庵治など、ほとんどが国産材だ。建立後数年しか経っていないものもみられるその数、

 

何と約七万数千本。主に中国地方、遠方では関西や東海、関東エリアから持ち込まれたものもあり、中には

 

事前に連絡を受けて宅配便で送られてきたのもあったという。

 

一番奥にはそれらを見守るように大きなお地蔵様があり、ここで年二回、春と秋のお彼岸に合同供養が行われる。

 

その噂を聞きつけて、心ない業者が夜中に忍び込んで、無断で仏石を運び込むこともあったが現在は監視カメラを

 

設置して不法投棄を防いでいる。

 

 引取り費用は、持ち込みの場合で仏石(棹石や石仏)は大きさに関係なく一本二千五百円、台石はトン当たり六千

 

円、残土は同四千円。同寺には専門の職員がおり、回収業務も行なうが、その場合、運搬費が上乗せされる。

 

周辺相場は仏石一本当たり一~二万円なので、これがいかに安いかわかるだろうか。

 

なぜこれだけ安いのか。その理由として、以下の四つが挙げられる。

 

①農商業として利用価値の低い山林をまとまった広さで安く入手できたこと

 

②土木業等で培った経験と資格を生かして、外注に任せず、住職自らが重機を操って山林を造成できたこと

 

③宗教法人の為、法人税や消費税が原則として非課税となり、宗教活動に伴う不動産取得税や固定資産税など

 

 非課税になること(収益事業ではない)

 

④供養を目的とした墓石等は廃棄物ではない為、その収集運搬、施設管理等に対する許可や事務手続き

 

 (マニフェストの発行など)が不用になること

 

これらの条件がすべて揃えば、他社でも同等価格で事業展開することは可能だが、同じ条件を満たすのは極めて

 

困難で、それが民間企業であればまず不可能と思われる。

 

「墓石安置所の事は弊社ホームページでも紹介しており、宗教法人がしっかり管理、供養してくれるからという

 

安心感から、お陰様で遠方のお客さまからも仕事をいただく機会が増えました」と藤井社長は話す。

 

同社では、墓じまいの仕事を受けた場合、その一連の作業内容や墓石安置所の預けた写真を入れた工事工程報告書

 

を作成し、お客様にお渡ししている。

 

また、最近のテレビ報道などにより、世間一般では「墓じまい=永代納骨堂や散骨」というイメージが強いが、

 

同社では、それ以外の選択肢として、新しいお墓(新規購入または県外にある子供の墓地など)に納骨する方法

 

があることも店内の掲示板で解りやすく説明している現時点で、新しいお墓に入るケースが八割、永代供養二割

 

という状況だ。

 

「お客様はそれぞれ個々の事情があり、お墓を建てるか建てないか、またお墓がある人も、それをいつまで維持す

 

るのか・・・その最終判断はお客様自身が決めることです。その選択肢をできるだけ多く提案してあげること、

 

それが我々石材店の役目だと思います。したがって、墓じまいの仕事は今後も増えると見ています」

 

藤井社長はそう話してくれた。

 

 

2015/12/14 12月9日放送 「次世代につなぐお墓づくり」について
2015/11/22 こんなんじゃ強度の基礎が作れない!!

お墓のセミナーから、ご縁を頂きましたお客様の基礎工事をしていた時です。

 

うちの場合、建築業者さんが「こんだけの基礎しとったら大丈夫」とお墨付きを

 

頂くほどしっかりと墓所の基礎をします。

 

生コンクリートも毎回同じ配合で手配しています。ちょうどお客様も基礎工事を

 

見に来て下さっていた時、こんな時に限って生コンの配合が違う!!

 

  こんなんじゃ強度の基礎が作れない!!

 

私は、お客様の前という事も忘れ、生コン業者を叱りました。

 

こってこての備後弁・・・ふと我に帰り『やっちまった~!!』

 

すぐに専務に『お客さんの前で怒鳴ってしまった』と電話しました。

 

 

実は、次の日専務がお客様とソウルジュエリーの打合せをする事に

 

なっていたので、お見苦しいところをお見せして申し訳ないという事を

 

フォローしてもらおうと・・・  本当にごめんなさい。

2015/11/16 11月11日放送 「納骨堂について」 更新しています
2015/10/24 10月14日放送「インターネットから得る石材情報」 更新しました
2015/10/22 北海道・・・行ってみたいけど・・・やっぱ遠いよね

私は毎日お墓の工事に出ています。夕方会社に『今日なんかあった?』と

 

電話するのが日課。すると専務から『実は今日、北海道からお問い合わせがあった』

 

と聞き、遠くは行きなれている私ですから大抵の事なら『うん、いいよ』と言うん

 

ですがこの時ばかりは言葉が詰まりました。

 

  北海道・・・行ってみたいけど・・・やっぱ遠いよね

 

うちには営業さんがいないし、福山周辺ではまだまだひよっこの石屋ですから、

 

少しでも多くの方に石の彩聖を知って頂こうと思い、ホームページの更新も

 

マメにしています。

 

北海道のお客様はホームページを見てお電話を下さったとの事。

 

うれしい気持ちと残念な気持ち、お客様に申し訳ない

 

気持ちが一杯になりました。

2015/09/12 9月9日放送「不祝儀袋の表書き」について配信しています
2015/08/18 8月12日放送「納骨式のお手伝い」について動画配信しています
2015/07/20 7月14日放送「お墓の相談会」について動画配信しています。
2015/06/26 11回目のセミナーを開催しました

 6月13日(土曜日) 福山ローズコム 4階会議場で11回目のお墓のセミナーを

 

行いました。今回も5月中旬から、リビング新聞で応募させて頂いたのですが、

 

5月末には、個別相談の応募がいっぱいになり、個別相談の予約を一旦

 

締め切りをさせていただきました。

 

今回の、セミナーで皆さんが一番気になった内容

 

 1位 墓じまいと永代供養

 2位 新しい供養の形

 3位 備後のお墓事情

 4位 終活について     

 

 この、4つが皆さんが気になった内容です。

 

 セミナーの参加理由で一番多かった意見は

 

 1位 お墓のことが知りたくて

 2位 墓じまいを考えている

 3位 老後の終活を考えたい

 4位 生前にお墓を建てるとどんな良いことがあるの

 

この、4つがセミナーへの参加理由でした。

 

セミナーへ参加して下さった皆様ありがとうございました。

 

今度は、来年の1月か2月に、12回目の予定しております。

 

また、日時が決まりましたら、お知らせをしたいと思っております。

 

 セミナー展示asset/00032/suga/noukotudou/noukotudou/tennji.pdf

 

 セミナーの様子asset/00032/suga/noukotudou/noukotudou/yousu.pdf

 

2015/06/17 6月10日放送「お墓の業者選び」についてお話しています

2015/05/13 5月13日放送 「お墓を建てないという選択」についてお話しています

2015/04/25 「11回 リビング墓石セミナー」 開催のお知らせ

 福山リビング新聞社では、お墓のこと、先祖供養のことを分かりやすくお話する

 

「第11回 リビング墓石セミナー」を開催します。

 

セミナーでは、お墓を見る人がいない、遠くに住んでいてお墓参りに行けないといった

 

方たちに参考になる「墓じまい」についてや、新しい供養の仕方、備後のお墓の事情

 

などをテーマに、具体的な事例ばかりを挙げながら分かりやすくお話します。

 

 講師はお墓デレクター・終活カウンセラーの資格を持った「(有)彩聖」社長の藤井和幸さんと、

 

『リビングふくやま』で連載中のコラム「墓石日和」を執筆の藤井ひとみさん。

 

「お墓のことはよく分からないから石材店に任せておけばいいわ、という声をよく耳にしますが、

 

分からないからお任せは、危険。”思っていたのと違った”など、後から不満が出てくるもとにも

 

なります」と藤井社長。

 

これからお墓を建てようという方、今すぐではないけれど、近い将来に備えて勉強しておきたい

 

という方はこのセミナーをぜひご活用ください。

 

セミナー終了後 『個別相談』も開催 (申し込み時に要予約)

 

 日時   6月13日 (土曜日) 午後13時30分~15時

 

 会場   まなびの館 ローズコム 4階会議室 

       (霞町1-10-1)

 

 定員   30人 (定員になり次第締め切り)

 

 参加費 無料

 

お問合せ、申し込み方法は電話・FAX・メールなどで

 

 福山リビング新聞社 084-926-4526

 

        F A X  084-920-0130

 

 

       石の彩聖  0120-594-548

 

        F A X  084-954-3814  メール info@548-saisei.co.jp

 

 

2015/04/22 4月8日放送 「お墓の相続」についてお話しています

2015/04/13 春ですね~

 皆さん春ですねぇ。先週の雨できれいに咲いた桜が散ってしまいましたが、

 

お花見には行かれましたか?

 

私たち藤井家は、車中花見をしました。なんと長女に続き次女までもが

 

花粉症だという事が発覚し、遺伝子とはすごいものだと感心しました。

 

今年はPM2.5で症状が出たという話を聞きます。本当にこの時期つらいです。

 

 家族の中で一番ひどいのが専務で、杉・檜・さらには稲とGW過ぎまで辛いみたいです。

 

日常会話も『お疲れ様、今日も花粉すごかったね』ですよ。

 

私はいつも『俺は不死身じゃ、病院なんかに行かんでも治る』と言ってますが、

 

最近では病院に行ったらちょっとは楽なんかなと思うことがあります。

 (ここは、子供達には内緒の話です。)

2015/03/14 3月11日放送「お墓の環境について」をお話しています

2015/03/08 お墓の無料相談会を致します。

 「次の世代にお墓を継いでもらえないと悩んでいる方が年々増えています。

 

こういう場合"墓じまい〟をしたり、お墓をまとめたり、永代供養をしたりするなど、

 

供養の方法はいろいろあります。お墓のことは、通り一偏に考える必要はありません。」

 

と話すのは『リビング墓石セミナー』講師でおなじみの「石の彩聖」の藤井 和幸社長です。

 

 同社展示場で3月15日(日曜日)~31日(火曜日)各日先着3組を対象に

 

「お墓の無料相談会」を開催します。 (要予約)

 

 「今回は、特に問い合わせの多い"墓じまい〟について、相談者と一緒に話し合って

 

いこうと思います。相談すると営業に来られるのではないかと心配される方もいますが、

 

うちには営業マンはいないので、ご依頼がないのに出向くようなことは絶対にありません。

 

安心してご相談ください」と同社。この機会を利用して先祖供養の方法を検討しませんか。

 

 

  日 時 : 3月15日(日曜日) ~ 3月31日(火曜日)

 

  場 所 : 新涯町6丁目15-22

 

 お申し込み・お問合せ先

 

 T E L : 0120-594-548 まで、お問合せ下さい。

2015/02/27 笠岡ケーブルテレビに出演しました

 

ミスター上田のとことんやります!

 笠岡ケーブルテレビ『ミスター上田のとことんやります』の方が

 

取材に来られました。福山で見れないのが残念ですが、笠岡の

 

お客様からは「あんた~、出とったね。見たよ~」とうれしい電話が

 

入ったそうです。一体どんな内容の番組なのか・・・

 

 ちまたで旬な会社に行き、とことん値引きをさせるという企画!!

 

ちまたで旬な会社と言われ、社長も満面の笑みでした。

 

 

 

 

2015/02/16 2月11日放送「お骨の引越し」について

2015/02/10 10回目のセミナーを開催しました

1月31日、福山ローズコム4階会議室で10回目のお墓のセミナーを開催しました。

 

「昨年の様に大雪になったらどうしよう」と、専務と話をしていましたが、

 

当日は晴天になって良かったと安心しました。

 

今回も、昨年の年末から、リビング新聞で応墓させて頂いたのですが、

 

当初30名のつもりだったんですが、50名近いご応募を頂きました。

 

個別相談も満員になってしまってお受け出来なかった方には申し訳

 

ないと思っております。

 

セミナーの様子の写真を公開しています。

 

⇒詳しくはこちらをご覧下さい。asset/00032/m/sixyasinn_2.xls

2015/01/16 1月14日放送「お墓の改葬」について

2014/12/19 12月10日放送 「石の値段について」を公開しています。
2014/12/08 「10回リビング墓石セミナー」開催のお知らせ

 ほとんどの人が一生に一度といわれるくらい、経験することの少ないお墓づくり。

 

いざ建立をとなると、何から進めていけばいいのか戸惑うことばかりですよね。

 

そんな方にぜひ役立てていただきたいのが、福山リビング新聞社が開催する

 

"お墓についての勉強会〟「リビング墓石セミナー」です。今回で10回目を

 

迎える同セミナー、毎回お墓づくりに悩んでいる方が数多く参加されます。

 

 講師はお墓ディレクター・終活カウンセラーの資格を持った

 

「(有)彩聖」社長の藤井 和幸さんと、「リビングふくやま」で連載中のコラム

 

「墓石日和」を執筆している専務の藤井 ひとみさん。現代のニーズにあった

 

供養の仕方や備後のお墓事情など、日ごろ質問の多いテーマを中心に話します。

 

 特に今回注目なのが、「墓じまい」「永代供養」について。お墓を見る人がいない、

 

遠くに住んでいてお墓参りに行けないといった方たちにとって参考になる話ばかりです。

 

「最近は終活ということもしきりに言われ、生前にお墓を用意する方も少なくありません。

 

業者任せ、家族任せではなく、よりよく生きるためにも、日ごろからお墓のことを

 

考えておきませんか」と藤井社長。

 

 セミナー終了後、希望の方には「個別相談」を(申し込み時に要予約)。

 

 【セミナーの主な内容】

 

 ① 新しい供養の形  ② 墓じまいと永代供養

 

 ③ 備後のお墓事情  ④ 終活について

 

 日 時 : 平成27年1月31日(土曜日) 午後1時30分~午後3時

 

 会 場 : まなびの館ローズコム 4階会議室(霞町・1-10-1)

 

 定 員 : 30人 (定員になり次第締め切り)

 

 参加費 : 無料

 

 相談会 : 個別相談をご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

 

 お問合せ、申し込みは電話・FAX・メールなどで

 

 福山リビング新聞社 084-926-4526 FAX 084-920-0130

 

   石の彩聖      0120-594-548 FAX 084-954-3814

         

               メール info@548-saisei.co.jp

 

 

 

 

 

2014/11/15 11月12日放送 「寒い季節のお墓のお手入れ」について

2014/10/20 展示場 リニューアルしました

asset/00032/t/tennjijixyou.xls

2014/10/18 10月8日放送「先祖供養の方法を考える」を更新してます。

2014/09/29 お寺の修行に行って来ました。

 8月3日から9日の一週間三井寺へ、修行に行って来ました。

 

この修行に参加すると決めたのは春でした。まさかこんなに過酷とは・・

 

早朝5時から夜中12時過ぎまでという仕事を何年もしてきた私にとって

 

規則正しい生活は、縁がありませんでした。

 

一週間で10キロ痩せました。大好きなお菓子も食べなかったので・・・

 

帰って来て、専務が言った一言目は「あっ、あごの肉がない!」ですよ。

 

ひどいと思いませんか?「ご苦労様でした」とか「お疲れ様でした」とか

 

普通言いませんか?

 

ちょっと寂しかったけど、修行でぜい肉がなくなった分、知識はたくさん

 

頂いて帰りました。

 

淋しかった夏の思い出を私なりにきれいにまとめてみました。

2014/09/13 お墓のプチセミナーを開催します

納得のいく先祖供養、永代供養を

 

 「お墓の相談で最も多いのは、永代供養についてです。お墓のまつり方は

 

どれも同じと思いがちですが、実は方法はいく通りもあり、各お宅の事情を

 

踏まえて考えていかないと満足できる供養にはなりません」と話すのは

 

”リビング墓石セミナー”講師でおなじみの「石の彩聖」藤井社長です。

 

 同社ではリニューアルしたばかりの同社展示場で「お墓のプチセミナー」を

 

開催します。日程は表の通りで、1日3組限定。

 

参加費無料(要予約)です。

 

「知りたいことを納得できるまで、目いっぱ話します」と同社。

 

       お墓のプチセミナー日程

 

日時・・・9月20日(土曜日) ~ 28日(日曜日)

     午前10時 ~ 午後7時の間

 

会場・・・彩聖展示場

 

お申し込み・お問い合わせは

 

フリーダイヤル 0120-594-548まで

 

お問い合わせお待ちしております。

 

 詳細はこちらasset/00032/puti/poti.xls

2014/09/11 9月10日放送「お墓の見積もり」について

2014/08/21 8月13日放送「気になるお墓の汚れと掃除」について

2014/08/13 終活カウンセラーの資格を取りました

石屋として、お墓を建てて終わり・・・というお付き合いだけでは済ませたくないと

 

いつも思っていました。

 

『そうはいっても私に何が出来る?』そう考えていた時、ある人から終活カウンセラー

 

の資格の事を聞いたのは6月初旬のことでした。 思いついたら即行動!!早速

 

専務に検索してもらいました。それから一週間後、資格勉強のテキストが届き毎日

 

少しずつの勉強を始めました。昔から勉強やら試験やらは特に苦手な事なので

 

くじけてしまいそうにもなりましたが・・・・・

 

見事、終活カウンセラーの資格を取る事ができました。

 

学ぶことはまだまだたくさんありますが、いつかはお役にたてるようにがんばります。

 

 詳細はこちらasset/00032/sixyuukatu/sixyuukatu.pdf

2014/08/11 お寺の修行に行って来ます。

 滋賀県の三井寺へ、修行に行って来ました。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私は平成21年の

 

得度を受け出家しております。この度ありがたい事に修行を

 

受ける機会を頂けました。8月お盆前という石材店にとっては、

 

大変忙しい時期で、お客様には大変ご迷惑をかける事もあったのですが、

 

以前から「お墓を建てるだけの仕事で終わってはいけない」という思いがあり、

 

参加をさせていただきました。

 

8月3日から9日の一週間、毎日朝5:30に起床、お勤め、掃除から始まり、

 

午後9時までの日課でした。

 

修行中に、原爆犠牲者慰霊法要に参加しました。

 

お経は、今までもお寺の行事などで勉強していましたが、私の想像を

 

遥かに超えるものでした。

 

参加者の多くは、お寺の跡取りさんやお弟子さんでしたので、

 

素人の私にとっては、プレッシャーでもあり、また励みでもありました。

2014/07/14 庵治ストーンフェアーに行って来ました。

6月14日に庵治ストーンフェアーに行って来ました。

 

私の記憶の中では、大体この日はあまり天気のよくないイメージだったんですが、

 

今年は2日間ともいい天気(毎年土日開催です)今回は2組のお客様と同行しましたので、

 

車中もとても明るい雰囲気でした。

 

庵治石といえば、日本が世界に誇る最高級の石です。それ故に価格も中々手の出せる

 

金額ではないものも数多く・・・

 

そうは言っても、30年程前のお墓を見ると庵治石や大島石という高級石材を使用した

 

お墓が多いです。石屋業をしているとついつい全部でいくら?・・・と計算してしまいそうですが、

 

昔の相場とはかなり差があるんです。

 

原石の減少化が一番の理由ですが、国内加工をする職人さんが減少したこともあります。

 

石材店向けのストーンフェアーなので、一般の方が参加するのには、石材店との同伴で

 

ないと入場はできませんが、機会があれば、本物の庵治石をじっくり見ていただきたいと思います。

2014/07/12 7月9日放送「基本的なお墓参り」について

2014/06/17 第9回目の墓石セミナーの様子

 中国地方も梅雨に入り、むし暑い中9回目となるお墓セミナーに

 

沢山の方が参加して下さって本当にうれしく思います。

 

今年2月のセミナーは何十年に一度の大寒波で大雪でした。

 

1回目から思い返してみると、お墓セミナー当日が最高の天気

 

という事が少ないようです。もしかすると雨おとこなのかも・・・

 

ことわざに『雨降って地固まる』と言う言葉があります。

 

お墓のセミナーを通じてたくさんの方とお知り合いになれました。

 

中々知れないお墓業界の事も少しずつですが皆さんにお話できていると

 

思っています。

 

一生に一度の大切なお墓づくりが、納得の出来るよいお墓作りになるよう

 

10回目のセミナーを目指して頑張っていきます。

2014/06/16 6月11日放送「墓石店との付き合い方」 につて。

2014/05/19 5月14日放送「納骨式での心配り」について

2014/04/20 4月9日放送 「お墓の文字彫り」について

2014/03/18 3月12日放送「お客様から頂いた質問」についてお話しています。

2014/02/17 平成26年2月18日放送「お墓のメンテナンス」についお話しています。

2014/01/20 ぐらんふぁーま 『お墓のお話』 にコラムを書いています。

今年の2月より、 生活に役立つフリーペーパー(新刊)

 

 『びんまる』に、コラムを書かせていただくことが、決まりました。

 

今まで、若い方をターゲットに色んな施設、モールなどに置いてあった

 

フリーペーパーですが、50代・60代の方是非読んでみてください。

 

尾道~府中・笠岡など、広い範囲で置いています。

 

設置場所) ハローズ 21店舗 ・ ユーホー 8店舗 ・ 図書館 7施設

 

ZAGZAG 5店舗 ・ フレスタ 7店舗 ・ エブリー 3店舗

 

寺岡記念病院 ・ 府中市民病院 など 80店舗(施設)以上においています。

 

尾道~府中・笠岡など広い範囲で置いていますので、是非読んでください。

2014/01/13 平成26年 1月8日 放送 「生前墓について」をお話しています。

2013/12/21 12月11日 放送 「オーダーメードのお墓について」

2013/11/14 11月13日放送 「お墓の追加彫りについて」

2013/10/18 10月9日放送 「納骨室の水はけについて」

2013/09/26 9月11日放送 「墓前燈篭」について

2013/08/22 8月14日 放送 「法要」について

2013/07/16 7月10日 放送 「お墓のリホーム」について

2013/07/15 お電話でのお墓相談の内容

会社へ、お墓の相談でよくお電話を頂きます。相談の内容は、新基の

 

お墓建て、寄せ墓、引越しなど色々です。

 

子ども達が県外に住んでいる

 

≪ 長男が岐阜県に就職、家も立て暮らしている。いつかは帰ってくるとは

 

 言っているが、将来の事は分からない。これからお墓をと思っているが、

 

 建てたものの誰もお参りに来ないならと不安でしょうがない。

 

 いっそ岐阜でお墓をたてようか・・・≫

 

という内容でした。

 

『ご自分たちが亡くなったあと、お墓を守ってくれるか?という心配

 

があるんですね。長男さんが帰ってくるかも心配だし。

 

同じような相談はいままでにもあります。お話しているといつの間にか

 

二人が同時に亡くなってしまうようなお話になってしまうんですが、

 

ご夫婦同時に亡くなるという事は極めて確率の低いことです。

 

ということは必ずどちらかが供養する立場になるということです。

 

家族の一人でも居なくなるという事は誰も考えていないのです。

 

そんな時お墓が近くにないとすごく淋しい気持になるそうです。

 

お参りに来られるのは家族だけとは限りません。

 

20年以上先の事を心配してお参りにいけないより、今行ける場所に

 

お墓があることでどんなにあったかい気持になれるか・・・

 

というのは、お墓を建てた人の感想を聞くのが一番だと思います。

 

会社の墓石展に足を運んで頂ければ、お墓を建てられた方の感想を

 

ご覧いただけます。

 

少し淋しい事ですが、自分が供養する立場を想像してみてはどうでしょうか?

2013/06/20 お客様から頂いたお手紙 2

 昨年の年末頃、何かに勧かされてお墓を建て替えることにしました。

 

夫婦墓3基を家族墓にまとめることに。

 

旧墓については、先祖が長年手を合わせてきたものですので、棹石は

 

残すことにしました。旧墓の処理・サイズ表記・配置等々、良好な

 

打合せが出来スムーズに工程が進んだと思います。

 

また、丁寧な工事の様子も拝見しましたし、既設の巻石のズレの修繕、

 

進入路のモルタルの修理など、現状の状況を見て、彩聖さんの方から

 

申し出ていただき、実施となり、ありがとうございました。

 

今回は、いろんな縁を思いながらの案件でありましたが、いい縁で

 

仕事をしていただいたと思っております。

 

                 F様  福山市K町

 

 ~担当者から~

 

お墓の打合せの時、F様が思うお墓作りをとても詳しく丁寧に書いて

 

渡して下さったメモは、本当に感動しましたし、F様のお墓作りへの

 

思いが伝わってきました。

 

正直、お墓作りを検討されている方でも中々ご自分の思いを表現

 

しにくい方がほとんどなんです。それには理由があり、お墓作りは度々

 

することではないからです。

 

F様は工事中も、何かと気を使って頂いて私や従業員も心から感謝

 

しております。

 

今回頂いたF様との大切なご縁これからも大事にして参りますので、

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

                  F様担当 藤井 和幸

2013/06/14 6月12日放送 「お墓作りの思い」につて

  

 

2013/05/09 工事をさせて頂いたお客様より届いたお手紙

この度、父の一周忌に間に合う様に、大変立派なお墓を建てる事が出来、

 

家族一同・親戚一同大変喜んでいます。

 

今までに見た事のない、アイデア豊富なお墓で、亡き父も喜んでいると思います。

 

この度は、何も分からない私に、色々と教えてくれましたし、色々と勉強になりました。

 

これからも、色々と相談に乗って頂きたいと思います。

 

社長を始め、従業員の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

~担当者からのコメント~

 

K様、ご家族の皆様、この度は大変お世話になりました。

 

K様には、お墓の形・様々の打合せや石の種類の打合せの為に市外にもかかわらず

 

何度も会社へお越し頂きありがとうございました。

 

お父様の為に今出来る最高のご供養を、というK様の思いが伝わってき、

 

私自身、父を3年前に亡くした時の思いや責任感を思い出し、

 

私の出来る事全てを出し尽くそうという強い思いを持ちながらのお墓作りでした。

 

本当に、ご家族の愛情が一杯詰まった素敵なお墓が出来上がり私たちも

 

本当にうれしいです。

 

何より、K様ご家族、そしてなきお父様が喜んでくださる事が私たちの

 

なによりの喜びです。

 

             K様担当 藤井 和幸

2013/04/20 次女の入学式に行ってきました。

4月6日(土曜日)、次女の入学式に行ってきました。

 

よりによって最悪の天候、始めて腕を通すピカピカの制服、

 

真っ白な靴が台無し・・・そんな最悪の状態でも、次女は

 

嬉しくてたまらない様子です。

 

前日は「悠ちゃんのやる気スイッチはどのへんにある?」

 

と可愛くも答えに困る質問に「明日の朝にならないと出てこないと思うよ」と妻。

 

当日は6時に起きてエンジン全開で支度をして、ランドセルを背負って入学式に行きました。

 

今まで、子供の行事は全部妻にまかせっきりで、何一つ参加したことはありませんでした。

 

私にとって入学式の参加は人生初、初めての経験なのです。

 

 私ぐらいの年になると、始めての経験と言うのはそれほど多くなくなってきました。

 

同じ日に入学を迎えた娘たちは、これから色々な経験をしていくと思います。

 

中には嫌な思いをして、悩んだり泣いたりもするでしょう。

 

つまずきながら時には後戻りをしながら一つずつ階段を踏みしめて色々な

 

経験をしてほしいと思います。

 

私も初心に変えるつもりで4月8・9日 四国巡礼にいきます。

2013/03/15 花粉症 お見舞申し上げます。

外で仕事をしていると、時折聞こえる、うぐいすやメジロの声に

 

『春が来たんだなぁ』と感じます。

 

春・・・昔は一年の中で一番好きな季節でした。

 

なのに、7年前から突然《花粉症》になりまして、今は一番嫌いな

 

季節です。春の行楽、お花見、何年も行っていません。

 

目は痒く、鼻はムズムズ、薬を飲まずには仕事が出来ません。

 

《マスクしたらいいのに・・・》よく言われます。

 

  動いているとマスクはかなり息苦しいです。

 

《花粉用のメガネかけたらいいのに・・・》そうですね。

 

 でも、汗でレンズが曇って仕事が出来ないんです。

 

専務は花粉症歴30年のベテランさんですが、花粉とはうまく

 

付き合っていけないそうです。

 

今まで『こりゃもうだめだ』と思ったのは、現場の頭上に杉があり、

 

黄色い花粉が吹雪いていた時、腹を据えました。

 

『薬なんか飲むもんか!!』っていうかどうせ効かないし。

 

《今年は例年に比べると花粉が少ないでしょう》とかニュースで

 

言ってますが、花粉が舞い散る下にいればどうでもよくなってきます。

 

 早くゴールデンウィークがこないかな~・・・

2013/03/15 3月13日 放送 「お墓の形」について

今回は、お墓の形について色々と、お話をさせていただきました。

2013/02/14 2013年2月13日 放送 「お墓の改葬」について

今回は、「お墓の改葬」の事についてお話をさせて頂きました。

 

 

2013/01/21 6回目のお墓セミナーの様子

 1月19日(土曜日)に、第6回目のお墓セミナーを開催しました。

 

今回のセミナーでは、定員30名の所、会場満員の36名の方が

 

参加されました。

 

参加して下さったお客様より「はっきりとした口調で、とても分かりやすかった」

 

「分かりやすい説明で、参加してよかった」など、うれしい声を頂きました。

 

参加して下さった皆さん、ありがとうございました。又、今回定員オーバーで

 

参加出来なかった皆さん、6月にもお墓のセミナーを開催しようと思って

 

おりますので、是非参加してください。お電話お待ちしております。

 

詳細は、場所・日時が決まり次第お知らせいたします。

2013/01/10 2013年1月9日 放送 「お墓の基礎工事」について

 今回は、「お墓の基礎工事」についてお話をさせて頂きました。

 

 今月の19日には、ローズコムで第6回目のお墓のセミナーも

 

開催させて頂きます。

 

 毎年、1月と6月に開催させて頂いてます。

2013/01/10 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

 

昨年は、色々な方にお世話になりあっという間に1年が過ぎていきました。

 

今年、最初の大きな仕事は、1月19日(土曜日)に、開催される

 

「墓石日和 お墓のセミナー」です。毎年、会場が満席になる程集まって

 

くださいます。

 

今回で、6回目になるのですが、何度も足を運んでくださる方も、いらっしゃいます。

 

皆さんのお力になれるよう、精一杯お話をしてきたいと思います。

 

先程、主催者さんの「福山リビング」さんに、何名の方が応募してくださったのか

 

聞いてみました。※年末は、17名の方が応募してくださってました。

 

「今、36名様です。キャンセル待ちの方が、4名いらっしゃいます。」

 

応募してくださった皆さんありがとうございます。

 

定員オーバーで、今回のセミナーに来られなかった皆さん、今年の6月に

 

「お墓のセミナー」を開催いたしますので、また応募してください。

 

詳しい日時などは、決定しましたら、お知らせいたします。

 

 

2012/12/13 2012年12月12日 放送 「お墓のあれこれ」について

 

 今回は、「お墓のあれこれついて」お話させて頂きました。

 

 何度、出演しても毎回緊張してしまいます。

2012/12/12 一年が終わりを迎えようとしています。

一年が終わりを迎えようとしていますが、みなさんにとってどんな1年でしたか?

 

嬉しいこと、悲しいこと、別れ再会など色々あったのではないでしょうか?

 

私にとっては、「絆」の1年でした。この世に神も仏もいない!!

 

人生の中でこんなに辛い事は二度とないだろうと思った事もあります。

 

そんな時、家族みんなで励ましあい三人の子供を守って行けたのも

 

義父や義母、私の母のおかげです。 「絆」大切です。

 

私たちにお墓作りを託して下さった方々、お墓セミナーに参加して下さった

 

皆様、展示場へ来て下さった方々、たくさんの良いご縁とよい絆を

 

下さってありがとうございます。

 

これからも頂いたご縁と絆を大切に、そしてまた新しいご縁を頂けるように

 

努力して行きます。

 

2012年も残すとこあと20日。

 

2013年、どうぞ来年もよろしくお願い申しあげます。

 

1年間、お世話になりました。

 

良いお年をお迎え下さい。

 

 

2012/11/15 2012年11月14日 放送 「皆さんからの質問に答えます」

 今回の放送で1年を迎えました。

 

そこで今回は、ラジオを聴いてくださっている皆さんからの質問にお答えしていきます。

2012/11/12 皆さん風邪を引かれていませんか?

季節は冬へと変わっていますが、皆さんは風邪を引かれていませんか?

 

日頃、丈夫な私ですが、先月末風邪を引いてしまいました。

 

頭は痛いし、鼻水は出るし、体はしんどいし。

 

子供達には「早く病院に行ってき」と言われましたが、病院嫌いの

 

私にとっては、気合で直すしかないのです。病院に行かなくても、

 

暖かくして寝ていれば治るんです。(私だけですか?)

 

 

先日、お墓の文字の色入れを依頼されたお客様に、工事完了の

 

報告を持っていきました。H様には、前回も「娘さん達に」と、お菓子を

 

頂いたのですが、今回も沢山のお菓子を頂きました。

 

家に帰り、子供に見せると、「あ~カボチャのおばけのお菓子だ~」

 

早速、次女は食べていました。 H様ありがとうございました。

2012/10/11 2012年10月10日 放送 「墓地の購入と永代供養」につて

 今回は、「墓地の購入と永代供養」の事についてお話をさせて頂きました。

2012/10/10 やっと、秋の気候になってきました。
やっと、秋の気候になってきましたが、皆さんは、風邪を引いていませんか?
 
ちょっと油断していると、すぐに風邪を引きそうです。
 
今回の、四国参りの帰りに、かわいい”お土産”を見つけたので子供たちに買って帰りました。
 
招き猫の形をした、チョコレートです。
 
右手を挙げている猫は、”金運を招き” 左手を挙げている猫は、”人を招く”
 
両手を挙げている猫もありますが、”欲張りすぎるとお手上げ” と言う意味があるそうです。
 
猫の種類は、三毛猫が多いですが、今ではカラフルな色の招き猫もいます。
 
青い招き猫は・・・魔除けの効果  赤い招き猫は・・・病気除けの効果  黄色い招き猫は・・・縁結びの効果
 
緑色の招き猫は・・・家内安全の効果  金色の招き猫は・・・金運向上の効果
 
があるようです。
 
2012/09/20 まだまだ暑い日が続きます。

 

 

 

もう9月だと言うのに、まだまだ暑い日が続いています。
暑すぎて頭が“ボー”として、何からしていいのか分からなくなる時がありますが、皆さんは体調の方は大丈夫ですか?
最近のニュースを見ていて思います。いじめている側はおもしろ半分冗談半分なのかもしれませんが、
命の選択をしないといけないと言うのは辛い事です。
私の息子が命の危機に晒された時、私達家族は思いました。どんな形でもいいから生きていて欲しいと。幸い願いが通じ、命は助かりましたが、重い障害が残りました。妻は、「もう一回最初からこの子を育てていると思えば楽しいよ」と言います。私もちょっと笑ったかな?とか少しの変化が毎日の楽しみです。子供は自分の命と引き換えにしてでも守りたいものです。縁あって授けられた命を大事にしてほしい。
命の選択を迫られた時、ちょっと立ち止まって、振り返って素敵な家族の笑顔が浮かんできますように。
 
2012/09/13 2012年9月12日 放送 「お墓の掃除とお墓参り」につて

 今回は、「お墓の掃除とお墓参り」の事についてお話をさせて頂きました。

2012/08/10 今年も熱い夏がやってきました。

 

今年も夏が来ました。暑いです!!毎日とにかく暑いです!!
しかも今年は、気温が上がるのが例年より早いです。
 
毎年この暑さを体験しているので、誰よりもこの変化に気づきます。大体8月に入ると灼熱なのですが、
今年は7月中旬から灼熱です。いろんな工夫で暑さ対策をしていますが、どれも効果ありません。通販で「外の仕事にもこれがあればヒンヤリ爽快!!」と言っていますが、私のように朝から晩まで外にいると全く効果ありません。暑すぎて食欲がないんですが、水分はしっかり取らないと体が持たないのでお腹はいつも満腹です。
昔は、お盆を過ぎると“涼しくなる”と言われていましたが、最近ではお盆を過ぎても暑いときがあります。
早く、夏が終わればいいのに・・・でも、冬が来たら反対の事を思っているんだろうな・・・。
皆さんも、暑いですが体に気をつけてお過ごし下さい。
 
2012/07/12 2012年7月11日 放送 「五輪塔」につて

 今回は、「五輪塔」のことについてお話させていただきました。

2012/07/11 俺って一人で何役しているんだろう?

 

ちょっと考えてみた。俺って一人何役やってるんだろう・・・と。
家では父、夫、息子。会社では代表、工事責任者、営業・・・よくやるなぁと我ながらちょっと感心した。体よ、頑張ってくれ!!
 
最近お客さんと話しをする機会がとても多くなった。専務が会社に出れないせいもあるんだけど、時間があるとお客さんの所に行っている。たくさん質問を頂くので、同じような質問内容を特集で組んで載せて行きたいと思っている。出来る限り分かりやすく書いていきたいと思っているので。
そこで、もっと色んな質問を頂きたいので皆さんにお願いがあります。ちょっとした事でもいいですから、お話を聞かせてください。
お邪魔とは思いますが、少しだけお家へ訪ねさせてくださいね。
 
2012/06/14 2012年 6月13日 放送 「四十九日法要」について

 今回は、「四十九日法要」についてお話をさせて頂きました。

2012/06/11 セミナーに参加してくださった皆さんありがとうございます。

 

セミナーに参加してくださった皆さんありがとうございました。
皆さん一人一人のお宅にごあいさつに行きたいのですが、前回のふわっと通信でも書かせていただいた様に、長男が入院をしているので、仕事が終わったら毎日病院に直行しています。
嬉しい事に岡山の病院から福山の病院に帰ってきました。専務(妻)は、ずーと長男につきっきりなので、長男と妻の事が心配です。時々、妻の母と付き添いを交代してもらって家に帰ってきますが、長女・次女は私の前では、強がっていますが妻が帰ってきたとたんに、べったり引っ付いています。
6月8日頃、家に帰る話を先生達と話をしています。
早く帰って皆で遊ぼうね、待ってるよ。
 
2012/05/10 2012年5月9日 放送 「墓石の選び方」につて

 今回は、「墓石の選び方」についてお話をさせて頂きました。

2012/05/10 お客様に頂いたお土産

 

先日、兵庫県姫路市防勢の方で施工をさせて頂きました。その時、お客様から頂いたお土産です。
お客様のお墓がある所までは、フェリーで行かなくては行けませんでした。
姫路の方なので、仕事が終わって会社に帰ってくるわけにもいかず、
近くの旅館に、宿泊をしお仕事をさせて頂きました。
フェリーの船長さんも、とてもよい方で「少し遅れます」と伝えると「待っているからいいよ」と言ってくださりとても、お世話になりました。
また、何か困ったことがありましたら、いつでもお電話おまちしております。
A様、船長さん本当にありがとうございました。
頂いたのりは、皆で分けていただきました。我が子は、そのまま“バリバリ”と、食べてます。
 
2012/04/12 2012年 4月11日 放送 「お墓作りは情報収集から」

今回は、「お墓作りは情報収集から」についてお話をしています。

 

2012/04/10 長男が入院して、もうすぐ3ヶ月になります。

 

長男の真尋が入院にして、もうすぐ3ヶ月になります。
真尋は本当に頑張ってくれています。
付き添いで岡山にいる妻も本当に頑張って
くれています。
有難い事に、たくさんの方が
「真尋くんはどう?元気になった?」と
声をかけて下さり、応援して下さっている事も
私達の心の支えです。ありがとうございます。
 
真尋の入院で、たくさんの気付きがありました。
義母には娘たちのお世話をしてもらい、朝が早い私に変わって
義父が次女を保育所に連れて行ってくれ、事務所で一人で仕事をしてくれている義妹、そして私の母・・・・
こんな風になって改めて家族の大切さそして絆を感じました。
家族って本当に有難い存在だなぁ。
 
そんな中、少しうれしい報告があります。
今月末ごろ、(まだはっきりした日にちは決まっていませんが)
真尋が福山の病院に帰って来れそうです。
地元の病院に帰れたら娘たちも会いにいけるし、何より妻が一番うれしいようです。
真尋の事はもちろんですが、福山に残している娘たちの事を思うと夜も眠れないほど不安になるんだ・・・と言っていますし、娘たちも母親がいつでも会える場所にいるというのは、安心するようです。子供にとって母親の存在は絶大です。
 
・・・そういえば、私の頑張りも聞いてください。
仕事が終わり、夜遅くなっても岡山へ行き、真尋と妻を励まし、
たまの休みは、娘たちを遊びに連れていき、お墓作りのお手伝いをさせて頂き、私も父親として全力で頑張っています。
 
2012/03/10 お客様に頂きました。

 

先日、工事から帰ると事務所のドアノブに、袋がかけてありました。中を見たら、セミナーに参加してくださったお客様からの、お土産でした。淡路島 七福神霊場へ行かれたみたいで、
中には、写真の様な、色紙など大変ありがたい物でした。
展示展に、展示させて頂ます。
S様、ありがとうございました。
お菓子、皆でおいしく頂きました。
 
2012/02/10 お正月に家族でお墓参りに行きました。

 

お正月に家族でお墓参りに行きました。
この後、真尋(まひろ)は体調を崩して岡山大学病院に入院しました。今もまだ入院中です。
 
お墓参りは何度となく来ていますが、
今回は初めて家族全員でお参りしたので
記念に写真を撮りました。
 
今は、とにかく少しでも早く、真尋の笑顔が見たい・・・
いろんな方が、心配して下さり、本当に有難いです。
私も妻も、今は岡山と福山を行ったり来たりで、色々とご迷惑をかけて申し訳ありません。
 
春のお彼岸には、またお墓参りの写真が載せられますように・・
 
2012/02/10 随分ご無沙汰していました(;´∀`)

1月14日に 第4回目のお墓セミナーをしました。

 

毎回ですが、参加される方々は、本当にお墓の事を真剣に考えている方々です。

 

こう見えても実は、結構なあがり症 (~_~;)  

 

そんな私なので、皆さんの真剣な眼差しに、さらに緊張しまくっています。

 

 

年2回のペースでこれからもお墓セミナーを続けて行こうと思っています。

 

4回目のセミナーに定員オーバーで参加出来なかった方がいらっしゃるようで、是非、次回のセミナーには

 

いらしてくださいね。お墓屋さんのためのセミナーではなく、皆さんのためのお墓セミナーです。

 

是非、参加していろんな情報を収集して、素敵なお墓作りが出来ますように・・・

 

その為のお墓セミナーですから

2012/02/09 2012年2月8日 放送 「生前墓の建立」につて

今回は、「生前のお墓の建立」についお話をさせていただきました。

2012/01/12 2012年1月11日 放送 「納骨堂とお墓について」

今年、最初のお話は、「納骨堂とお墓について」です。

 

皆さんに分かりやすくお話をさせていただきます。

 

今年も、よろしくお願い致します。

2011/11/30 完成しました。

  

  O様のお墓作りが完成しました。

 

  何度も打ち合わせをさせて頂き、O様の思うお墓を作る事が出来 

  

  ました。

 

  完成後、O様が「本当にオーダーメイドのお墓ですね」と喜んで

 

  下さり、嬉しかったです。 

 

 

  工事中は、コーヒーやお茶、お菓子など沢山用意して下さり

 

                         ありがとうございます。

                         

 

 墓園の一番上の区画です。とても眺めのいい所です。

 

 お墓はO様のご自宅の方向に向いています。

 

 トラックのブームは一杯伸ばしての作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2011/11/10 ラジオデビューです。

 

 

デビューです((((;゚Д゚))))

 

エフエムふくやまさん「おはようときめきタイム」のびんごもぎたて情報 (午前10時30分~)で

 

毎月第2水曜日に出演します。

 

今日は、初生です。焦りと不安、緊張が抑えられません。足ガクガクです Σ(゚д゚lll)

 

 

2011/10/18 四国巡礼へ行ってきます。

10月19日20日と一泊二日で、四国巡礼に行ってきます。

 

今回は、78番札所まで行きます。

 

来月は、高野山です。

 

出発は、朝の3時半!!眠い・・・

 

今回もふわっと通信でお伝えしますね!!

 

では・・・

2011/10/06 墓地の管理について

先日、墓地購入を検討されている方からこんな質問を受けました。

 

「墓地の管理料ってなんの管理?うちの墓地も掃除してくれるんですか?」

 

墓地管理料の事については、多くの方がこの疑問をもたれていることと思いますが、

 

墓地の管理料とは、一体何についての管理料なんでしょう・・・

 

管理料に含まれる内容とは

 

   ① 駐車場の整備・・・お参りされる方がスムーズに車を止められるように整備、掃除をする

 

   ② 共有の通路清掃・・・メイン通路の確保、清掃

 

   ③ 水桶の設置

 

   ④ ゴミステーションの清掃

 

 以上の事が主になります。

 

せっかく管理料を収めているのだから、墓地の中も掃除してくれてもいいのに・・と思われるでしょうが

 

分かりやすい例えをあげると、マンションやアパートには共益費というものがあります。

 

この共益費とは、階段や駐車場などの共有スペースを清掃、管理していく費用のことですが、個々の部屋の

 

中までは掃除はしませんよね。

 

墓地の管理料もこれと同じなのです。

 

ですから、枯れたお花があっても勝手に処分したりはしないのです。

 

 

2011/09/30 お祭りって楽しい

10月1日から約一週間、中国では「国慶節」というお祭りがあります。

 

中国人民共和国建国をお祝いするお祭りです。

 

国慶節の期間中は政府機関、学校、企業、各種公共団体などが祝賀活動をします。

 

獅子舞、爆竹、花で飾った車が登場するそうです。

 

この獅子舞は、最初は豊作を願って始まったそうですが、

 

今は記念日、商売繁盛、結婚、歓迎など色々な祝の場で披露されるそうです。

 

長い休暇になるので、旅行へ行く人も多いみたいです。

 

 

 

中々まとまった休みの取れない私、一生の内一度は行ってみたいお祭りがあります。

 

①  札幌の雪まつり

 

②  中国の国慶節

 

③  青森のねぶた祭り

 

いつか実現できたらいいな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011/09/03 台風12号

9月3日 台風12号がお昼過ぎに中国地方に接近との事。

 

前々日から、台風対策で、会社の旗や、看板を片付けました。

 

昨年、しっかりとくくりつけてさらに重しまでしていたテントが飛んで

 

隣の会社の方にご迷惑をかけてしまったので、早めに準備!!

 

 

 

 

 

雨の日は、現場仕事はお休みです。

 

なので、今日は現場の下見と、打合せ・・・どんな時でも休みは無いね・・

 

9月3日 島根県まで下見に行きます。海岸線みたい・・

 

お客さんに電話すると「今のところ大丈夫」って

 

ちょっと不安もありますが、行って来ます。

 

        では。

2011/08/22 それが普通?

 

 

先月、私と専務(妻)と一緒にお客様の墓所の測量に行ったときの事。

 

太陽サンサン(暑い)陰の全くない墓地で、二人で汗をポタポタたらしながらの作業。

 

1時間ほどして測量が終わり、車に戻ってエアコンガンガンにして・・一息

 

そうこうしていると、一台の車が・・・

 

どこかのお寺のご住職でした。  

 

ご住職が到着して10分くらいして、施主様でしょうか、到着。

 

   専務: あれ?住職が一番に着いて待ってるん?

 

   私 :  施主さんは、色々することがあるけぇちょっと遅れたんよ。

 

   専務: でも・・石屋さんの姿見えないよ(??)

 

   私 : どうも納骨式らしいけど・・・(辺りを見回す)ほんまじゃ、見えんのう・・

 

   専務: この暑いのにテント無し?納骨の手伝いは?誰がするん?服 汚れるじゃん!!

 

   専務: 手伝いに行く?

 

   私 : いや・・全然知らんワシらが行ったら、みんなびっりするし、今日はこのまま帰ろう

 

   

 

私たちにとって、納骨式のお手伝いは、どんな場合でも当たり前なのですが・・・

 

 

2011/07/21 がんばれ!!にっぽん

東日本大震災から4ヶ月が過ぎました。

 

宮城県仙台市郊外の共同墓地のお墓の倒壊は、全体の9割、津波が発生した地域では全壊だったと

取引のある石材点から聞きました。

 

今まで宗教にあまり興味がないとか、自分は無宗教だからと思う人でさえ、

 

今回の震災後、宗教関係の本を真剣に読んでいるといいます。

 

また、家を失ってもお墓が無事で安心したいう方もいるそうです。

 

日ごろから、神棚をまつり、仏壇に手を合わせている人も少なくないでしょう。

 

あるアンケートによると、日本人の宗教行為として

 

『お墓参りをする』というのが70%以上を占めていました。

 

 ~供養の気持ちありき~

遠くにいても時間が作れなくてお墓に行けなくても、また、お墓を失った被災地の方も、先祖を思い浮かべることが、大きな心のよりどころになっているのです。

 

がんばれ!!にっぽん

2011/07/01 露の時期は・・・

梅雨の時期はとても体がしんどい。長年経験していても、この厚さには慣れません。


雨が降ると工事が出来ないし、天気ばかり続くと水不足が気になるし、変な天気です。


小学生の頃(26年前)の最高気温は確か31度くらいだったと思います。

 

 

今は平気で38度まで気温が上がり、頭がクラクラしています。

 

水分補給と休憩をとって夜はよく寝ること!これで毎年乗り切っていますが・・でもやっぱりしんどい!!

 

義父は71歳ですが今でもぶどう作りをしています。倒れなきゃいいけど・・と心配になります。


どなたかこの厚さを快適に過ごせる秘訣を教えてください~

2011/04/20 得度って・・・?なに?

『得度』と聞いて、みなさん何のことかピンときますか?言葉は聞いたことはあったのですが、恥ずかしながら私も良く分かりませんでした。そんな私でしたが、4年前にお寺の総代になり、お寺行事のお手伝いをしているうちに、2~3年前から『得度』のお話が出来るようになりました。

『得度』・・・つまり出家することなのです。

仏門に入ることで、一般の方が教えてもらえないようなことが得られる・・・と軽い気持ちで受けたのです。

ところが実際は、大変な世界でした。規則・作法など今まで経験したことのない難し~い世界です。お寺の住職は、本当にすごいんだ!と思いました。皆さんにお寺の情報や裏話など、この『社長のひとりごと』でまたお話します。次号でそのときの写真を載せますから、是非見てください。

5月11日放送 「新しい先祖供養の形」を公開しています

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/OjIppFmsAEM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

10月14日放送「インターネットから得る石材情報」 更新しました

<iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/CBB13RcKB9A" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>